トップページ > コンセプト3つのこだわり > こだわりの「水」

日本最西端 "沖縄与那国島源水"

人間は、水の中で誕生した生命を受け継いでいる生物のひとつです。人間の体はほとんど水でできていると言っても過言ではありません。水中生活から陸上生活に環境が変わってもその生体機能は水なしで語ることはできないと思います。
 化粧品もその大部分も水からできています。すなわち水が重要な役割を果たすことは言うまでもありません。
この基礎成分である水を“工業的に精製された水” ではなく    “化粧品に適した水” がないものかと沖縄各地の水を求めて100ヶ所以上の名水を渡り歩き、研究し、試行ました。幸いにも私の出身地で日本最西端に位置し「国境の島」と言われる与那国島は離島にも関わらず水が豊富なところです。私も幼いころから水に興味があり、どこにどのような水があるのか熟知していました。研究の結果、与那国島のある場所から “湧出する水” のミネラルバランスが化粧品に最良であることが分かりました。さらに、その水を専門機関でイオン量比率を分析してもらうとミネラルバランスがとてもいいという結果が出ました。これは全国の湧水100ヶ所のデータと比べてもバランス良い素晴らしい水であることを確信しました。

 この特殊な水を与那国島から取水し、その水を沖縄本島北部まで海路・陸路で(約750㎞以上)輸送するにはそれなりの時間とコストは掛かかってしまいます。しかし「あーびゃーんもーゆ琉球月桃」にはこの水が欠かせません。良いものを提供するためには妥協をせず「自信と責任」のもてる製品をお届したいと考えているからです。 
 そのための “こだわり” のひとつ、それが「日本最西端与那国島の水」なのです。

沖縄本島最北 "国頭比地源水"

沖縄本島北端に “やんばる"(沖縄本島北部地域の総称)と呼ばれるところがあります。世界的にも貴重で独特の自然環境が残されており、そのやんばるの大部分を占めるのが「森と水とやすらぎの里」"国頭村" です。
 この一帯には国の特別天然記念物 "ノグチゲラ" をはじめ国、県指定の天然記念物などの希少生物が多く生息しています。
 また、国頭村比地には水量、高低差ともに沖縄本島最大の比地大滝があり水環境に恵まれています。この水は太古の森に育まれ、化粧品に適した良質の水であることが分かりました。
「あーびゃーんもーゆ琉球月桃」の工場も平成23年2月に浦添市前田からこの地に移転し、   今後は"与那国島の水" と同様に "国頭比地の水" も活用してまいりたいと考えております。
 これからも、さらなる "こだわりの水" を追い求め続けたいと思っております。

Copyright © 2011 ahbyanmoyu-ryukyugetto.All Rights Reserved .